I.a.m works

フリーの食空間コーディネーター、インテリアコーディネーター、整理収納アドバイザー、陶芸作家の個展のディスプレイも手掛けています。

記事一覧(86)

物を売るということ、買うということ

私は仕事上物の売買の現場に関わります。今は巷に物が溢れていて薄利多売の傾向にありますが、最近私はそれとは真逆の現場に立ち会いました。その方が扱かう商品は決して安いものではなく、生活必需品でもありませんが、そのお店の方は商品の説明に加えて、その商品にまつわる想い出をとても懐かしそうに嬉しそうに話されます。お店の方と同年代と思われるお客様も、同じように懐かしそうにお話をされていました。でもたまたま通りかかっただけだったそのお客さんは悩みに悩んで一度はお店を後にしました。けれど、やっぱり忘れられないと引き返して来られました。商品ももちろん良い物だと思いますが、そのお客さんはきっと、そのお店の方から買いたかったのだと感じました。こうして文で書いていると、よくある光景と思われるかもしれませんが、お店の方もお客さんもとても嬉しそうで、私はそれの現場に立ち会えて本当に良かったと思いました。最近はネット販売が主流となりつつあり、家に居ながらサクッと買い物が出来て便利ではありますが、私個人としては売り手と買い手のこういったやり取りがなくなってしまうのはとても寂しく、無くなって欲しくないなぁと感じています。実際私も、作家さんやその物にまつわる話を聞いたり、素敵な店員さんから購入した物は、購入してからも、扱い方が違うというか、他の物に比べて大事にしようという意識が違う気がします。こちらは私が最近買ったお気に入りです♪CHISAKIさんの帽子です。